糖尿病教室(2019年1クール1回目)の開催


平成31年4月24日(水)13:00~14:00、当院1F交流ホールにて糖尿病教室(1クール1回目)を開催しました。

s_DSC_7790

 

先ず初めに、当院で毎週水曜日AM糖尿病外来の診療を担当されている、介護老人保健施設しもだ施設長の堺秀人先生より、糖尿病とはどういう病気なのかとのお話がありました。

s_DSC_7788

糖尿病になると、医師や医療スタッフより繰り返し病気の知識をお伝えしますが、それを受けて生活を改善してもなお、血糖コントロールが良好に進まず血糖が下がらなかった場合に、インスリン注射や口から飲むお薬の投薬が始まるとの事。血液内のブドウ糖の処理能力を見るヘモグロビンA1cの値が、糖尿病治療の目安になり、日本糖尿病学会の評価基準に沿うと、6%未満である場合はとても良い状態ですが、7%を超えると合併症が出る可能性が高くなるので、7%未満にするという目標が多くの糖尿病患者様の目標になるそうです。糖尿病の方は、神経症や心血管障害など合併症のリスクが高いので、進行する前に、治療と並行していくつかの検査を実施しているとの事でした。

 

続いて、栄養科の安藤管理栄養士が「これなら出来る!食事療法(基礎編)」と題して糖尿病の食事について、時折クイズを交えながら講演を行いました。

s_DSC_7800

s_DSC_7798

糖尿病の食事療法としてのポイントは3つ。

①栄養バランスよく食べる

②1日の食事の適量を守る

③規則正しい食習慣 の

1日3食をできるだけとり、汁物は一日一回、漬物は毎食食べない様に心掛けるといいそうです。また、間食は禁止しておらず、牛乳や果物(リンゴ半分など)にするなどお菓子以外のものなら食べても構わないそうです。

バランスの良い食事のために、食べ物のカロリーを1単位=50g=80kcalで換算した食品交換表を用いるとよいそうですが、この食品交換表は当院の1階売店でも購入できます。是非ご覧ください。

糖尿病教室は昨年度月1回開催しておりましたが、今年度は2月3月を除く計10回の開催に変更となります。尚、開催日時は変わらず第4水曜日13:00~14:00です。

次回開催は5月22日(水)、テーマは「さぁ始めよう!運動療法」となっておりますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。