リハビリテーションについて

リハビリテーションの特徴

各分野のスペシャリストが、患者様をサポートいたします。

チーム

回復期リハビリテーション病棟を中心に充実したスタッフ数で専門的かつ集中的なリハビリテーションを提供しています。
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等がチームとなり、入院早期から集中的かつ積極的にリハビリテーションを行うことで、立つ、座る、歩く、食べる、話す、トイレなどの日常生活動作の向上により、自宅復帰、社会復帰を進めます。
また、退院後の生活が安心円滑に移行できるように支援します。

一般病棟、地域包括ケア病棟、外来でのリハビリも行っています。

リハビリテーションの特徴

①充実したリハビリテーションスタッフ数で365日稼働

リハビリスタッフは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等総勢91名おり、患者様1人1人に対して退院後の生活を想定した個別のプログラムを計画し一日最大3時間(9単位)提供できる体制をとっています。また、日中だけでなく朝夕の生活時間帯にも病棟リハビリを行い、早期に日常生活が自立できるように支援しています。集中的に継続したリハビリを実施することで、早期に改善を図るために休日もリハビリを行っています。また自宅に退院した後も安全に生活が送れるように訪問リハビリも行っています。

②いろいろな疾患に対し豊富なリハビリメニューで対応

当院のリハビリ患者様で一番多い疾患は、脳梗塞・脳出血などの脳血管疾患です。
その他、下肢や脊柱の骨折などの整形疾患、外科手術後や肺炎等の後に起きた廃用症候群に対するリハビリや心疾患のリハビリ、糖尿病に対する運動療法など多岐にわたる疾患に対して、1人1人の症状に合わせた豊富なリハビリメニューを提供しています。

③チーム医療の徹底

患者様のADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)の向上を目指すために、医師を中心とした各分野のスペシャリストによりチームを形成しています。
患者様の今の状態をスタッフ全員が把握し、何が困難で何が必要なのか、日々の変化に対応できるよう適時チームカンファレンスを開き、リハビリ計画を見直し、自宅復帰、社会復帰に向けて全力でサポートしています。

リハビリ

④患者様の期待に沿えるように充実したリハビリテーション機器を準備、満足のいくリハビリテーションを提供

  • 4-1:麻痺が重度な患者様にも早期に離床や立位・早期歩行練習をできるように様々な種類の長下肢装具や免荷式リフトPOPO®を導入しています。また病棟での生活場面で車椅子が必要な患者様には調整可能なモジュールタイプの車椅子を80台準備し1人1人の体格や身体症状に合わせた車椅子を貸出ししています。その他必要な福祉用具も個人用として貸出ししています。
  • 4-2:リハビリ機器としてredcord®を5台設置しています。その他、いろいろなリハビリ機器を使用して、患者様のその時の状態に合わせて効果的なリハビリを提供しています。
  • 4-3:リハビリテーション室からは直接広々としたベランダに出ることができます。
    ベランダでは砂利道などの不整地歩行ができるスペースをとってあり屋外歩行へ向けた練習が可能になっています。
    また花壇や菜園を設けており、農家をしていた方や趣味で園芸をしていた方に実際にかかわっていただき退院後も継続して活動ができるようにすすめています。野菜の収穫や花の鑑賞等、ほかの患者様からも好評をいただいています。
  • 4-4:運転評価のためにドライビングシミュレーター(ホンダセーフティーナビⓇ)を導入しております。また自動車運転再開支援ワーキングチームも立ち上げています。(詳細は下記 『8、リハビリ部の取り組み』を参照してください)

4-1免荷式リフトPOPOⓇ

リフト機能で安全に立ち上がり、免荷機能で負担を軽減して歩行練習ができます。

4-2redcordⓇ

赤いロープを利用することで除重力の状態でのストレッチングや筋力強化等をその人の状態に合わせ効果的にできます。

4-3リハビリテーション室ベランダ・花壇

リハビリの一環として花や野菜を育てることも実施しています。

4-4ホンダセーフティーナビⓇ

運転能力の傾向を評価することができます。

⑤日常生活動作(ADL室)で自宅復帰に向けたシミュレーションを実施

玄関から台所・浴室、和室等を備えたマンション型の日常生活動作室がリハビリテーション室内にあります。
ご家庭と同じような環境で生活動作の練習をすることで、ご自宅に帰った直後から安心して生活できるようにリハビリプログラムを立てています。調理や掃除、洗濯などの家事動作など退院後の生活を想定し、入院中からご自宅での動きの模擬練習を行うことが可能です。

 

 

 

⑥自宅退院にむけて入院中に自宅訪問を実施

ご自宅で安心した生活が送れるように退院約1か月前にご自宅を訪問させていただいています。
ご本人、ご家族や担当ケアマネージャーと相談の上、患者様の状態に合わせた手すりの設置や段差解消などの住宅改修、杖やベッドなどの福祉用具の提案をしています。

リハビリ

⑦医療連携の取り組み

地域医療連携室では入院中だけでなく、入院前から退院後も安心して地域で生活が送れるように、地域の医療、福祉サービス機関と綿密な連携を行っています。患者様の在宅復帰・社会参加を積極的に支援しています。
また、さらなる退院支援のために院内に居宅介護支援事業所を設置しました。

⑧地域への取り組み

八戸市を中心に青森県内南部地区での介護予防教室等へ講師の派遣を行っています。
地域の方々に対して疾患や引きこもり・認知症の予防を目的に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士だけでなく看護師、管理栄養士、検査技師等が1時間程度講演を行っています。
リハビリテーションに関するテーマは「健康体操と頭の体操」「転ばない体づくりと自宅でできる簡単な体操」「ながら運動で物忘れ防止」「誤嚥予防 嚥下体操」等々です。講義と体操やゲーム等を参加者の皆さんと行い、笑いのある楽しい講演を目指しています。

⑨リハビリテーション部の取り組み

当リハビリ部では、より質の高いサービス提供のために以下のワーキングチームを立ち上げています。

  • 9-1:「運転したい」という声にこたえ、ドライビングシミュレーター(ホンダセーフティーナビⓇ)を導入しリハビリテーション部内に自動車運転再開支援ワーキングチームを立ち上げました。シミュレーターだけでなく身体機能面、認知機能面等多方面から運転についてのアドバイスをすることができます。(運転の可否は警察署の判断となります。詳しくはご相談ください)
  • 9-2:目に見えない障害「高次脳機能障害」 身体機能はそれほど問題なくても注意力や遂行機能の低下などで入院から退院後の社会復帰までが難しい障害です。症状改善のためのリハビリテーションだけでなく障害理解や周囲の対応、社会復帰までを検討し支援するための高次脳機能障害リハビリテーション対策チームも活躍しています。
  • 9-3:退院後も当院でのリハビリテーションが活かされた生活を送っているのか、私たちリハビリスタッフは1人1人の患者様が退院後、どのように生活されているかとても気にしています。退院されて自宅での生活が落ち着いた1か月頃をめどに、困ったことがないか、うまく生活できているか情報収集し今後の支援に生かすための退院後フォローアッププロジェクトを只今進めています。

⑩研修・教育体制やリハビリ実習生について

  • 10-1:チーム支援型の教育体制
    新人・中堅・チーフ・主任で1チームを構成しています。経験年数によりスタッフ各々の役割を明確にして教育、指導を行っています。
  • 10-2:症例報告会(月1回)
    1~2年目のスタッフを中心に症例報告を実施しています。自分の考えを言葉にして他者に伝えるプレゼンテーション能力を身につけ学会等で発表する技術の習得を図ります。また、3年目以上のスタッフは発表に対して質問をするだけでなくそれに対する助言を行い、評価・リハビリプログラムについて共に考えるようにしています。
  • 10-3:外部研修会の参加
    最新の知見を得るために全国の研修会に積極的に参加しています。また参加後は情報共有のために部内で伝達講習を行っています。
  • 10-4:資格取得を支援
    回復期セラピストマネージャーや各療法士別の認定(専門)療法士制度、呼吸等の認定指導士の資格取得を支援しています。
  • 10-5:他職種合同勉強会の開催
    回復期リハビリテーション病棟ではセラピストマネージャーや認定看護師が中心となり、月1回合同で勉強会を開催しています。
    テーマは「ICF(国際生活機能評価分類)」「社会保障制度」「緊急時の対応方法」等の講義形式や「移乗・歩行の介助方法」等の実技中心の勉強会を行い、他職種の共通認識の獲得や技術向上に努めています。
  • 10-6:実習生の受け入れ
    理学療法科・作業療法科・言語療法科全体で年間約30名の実習生を受け入れています。未来の療法士の育成のために指導に関わる知識や技術の習得を図っています。

 

 

リハビリテーションの内容

理学療法(PT)

  • 一人ひとりの患者様に合わせたプログラムを立案し、早期から機能回復や身体機能向上を目指します。
  • 起きる・座る・立つなど基本的動作や歩行を中心に、自立した日常生活が送れるようアプローチします。
  • リハビリ室だけではなく病棟でもリハビリを行い、日常生活動作の獲得につなげます。
理学療法

作業療法(OT)

  • 着替えやトイレ動作等の身の回りの動作をできるだけ一人で行えるようアプローチします。
  • 生活していくための問題を的確に評価し、機能回復を促すとともに、残存機能をつかって活動を広げる練習もします。
  • 生活関連動作(調理・掃除・洗濯など)や職業関連の訓練も行い患者様の生活の質の向上を図っていきます。
作業療法

言語聴覚療法(ST)

  • ことばによるコミュニケーションに問題のある方に、精密な検査を行った上で、必要な訓練を行います。
  • 食事の飲み込みが困難な方に対し、専門的に対応しより安全に、よりおいしく食事を召し上がっていただけるよう支援します。
  • 医師、言語聴覚士、管理栄養士、看護師が情報を共有し、リハビリテーションを行い、食事の形態や内容を検討します。
臨床心理療法

臨床心理療法(MP)

  • 日付や場所の確認、記憶力の検査、計算や書字などで認知症の検査を行います。
  • 注意力や判断力・記憶力などが低下することで、つじつまが合わない話をする、物事を覚えられない、などを主症状とする高次脳機能障害の方の検査・評価を行います。
  • 検査の結果を元に、リハビリがスムーズに進められるように他部門と情報交換をしています。
言語聴覚療法

リハビリテーションパンフレット