理念・基本方針

SGグループ理念

私たちエスジーグループは、ホスピタル精神(おもてなし)をもち、医療・福祉・保健を通じて地域社会の人々の幸せに貢献します。

患者・利用者・ご家族に喜ばれ感謝される素晴らしいホスピタル環境づくりとホスピタリティある仕事を徹底しておこないます。

メディカルコート八戸西病院は、SGグループ(東北医療福祉事業協同組合)の一員です。

グループ詳細はこちら

理念

ホスピタリティある医療を実践し、
地域社会に貢献します。

基本方針

  1. 疾病治療とリハビリテーション医療を通して自立支援までの安全で安心できる一環した医療を実践します。
  2. 患者・利用者の権利・尊厳を重視し、相互の信頼関係を大切にします。
  3. 健診・診療と連携し、受診者の健康管理を支援します。
  4. 地域住民の医療・保健・福祉・介護に貢献するため、地域の医療関係者・施設との連携を強めます。
  5. 医療充実のための教育・研究を行い、良質な医療水準を確保し、安全で信頼される医療を進めます。
  6. 職員が協働し、元気で働きがいのある職場作りを実践します。
  7. 健全経営の維持に努め、安心して療養できる病院を目指します。

行動規範

  1. 私たち職員は、すべての病める人、悩める人、心配している人に、等しく慈しみの心をもって接します。
  2. 私たち職員は、患者様との専門的支援関係を最も重視し、職員相互の専門性を尊重し、その連携・協働のもとに職責を果たします。
  3. 私たち職員は、どこにあっても、メディカルコート八戸西病院の職員であるというプライドを保ち、教養と品性をもって行動します。
  4. 私たち職員は、メディカルコート八戸西病院の担い手としての自覚を持ち、業務上必要な知識の研鑽、担当業務や経営の改善に向けた努力を怠りません。
  5. 私たち職員は、地域社会との良好なコミュニケーションを図り、必要な情報は積極的に開示し、また、個人情報や職業上知りえた情報の管理には厳正に臨みます。
  6. 私たち職員は、思慮深い判断と情報の分析を常に心がけ、大胆に将来計画を考え、絶えず改革向上に努めます。

入院・通院される患者様の権利

  1. 良質の医療を受ける権利
    • 適切かつ最善の医療を公平に受ける権利があります。
  2. 選択の自由の権利
    • 医師及び病院を自由に選択できる権利があります。
    • いかなる治療段階においても他の医師に意見を求める権利(セカンドオピニオン)があります。
  3. 自己決定の権利
    • 病気や治療に関しての十分な情報と説明を受け、自分で治療や処置、検査などを選択・決定する権利があります。
    • 医学研究あるいは、医学教育に参加することを拒否する権利があります。
  4. 意識のない患者様や意思表示ができない患者様の権利
    • 意識のない患者様か、その他の理由で意思表示ができない場合は、法律上の権限がある親族に十分に説明し、同意を得た上で治療を行います。
    • 患者様の病状が回復した際は、意思決定が可能な状態であることを確認した上で、本人に十分な説明をし、同意を得た上で治療を行っていきます。
  5. 情報に対する権利
    • 患者様自身の診療情報の開示を求める権利があります。
  6. 守秘義務に対する権利
    • 患者様の健康状態、症状、治療について個人を特定し得るあらゆる情報が守られる権利があります。
  7. 尊厳に対する権利
    • 患者様の価値観やプライバシーは常に尊重される権利があります。
  8. その他リスボン宣言に記載されている事項の権利を有します。

メディカルコート八戸西病院 回復期リハビリテーション病棟理念

専門的かつ集中的なリハビリテーションを行い、
自宅復帰・社会復帰を目指します。

メディカルコート八戸西病院 回復期リハビリテーション病棟基本方針

  1. 医師・看護婦・リハビリテーションスタッフなどがチームとなり、それぞれの専門性を発揮して協働していきます。
  2. 個々の状況に合わせたリハビリテーションを365日提供します。
  3. 早期から日常生活を想定したリハビリテーションを行い、退院後も安心して生活できるよう支援していきます。

メディカルコート八戸西病院 回復期病棟ケア:10項目宣言

  1. 食事は食堂やデイルームに誘導し、経口摂取への取り組みを推進しよう
  2. 洗面は洗面所で朝夕、口腔ケアは毎食後実施しよう
  3. 排泄はトイレへ誘導し、オムツは極力使用しないようにしよう
  4. 入浴は週2回以上、必ず浴槽に入れるようにしよう
  5. 日中は普段着で過ごし、更衣は朝夕実施しよう
  6. 二次的合併症を予防し、安全対策を徹底し、可能な限り抑制はやめよう
  7. 他職種と情報の共有化を推進しよう
  8. リハ技術を習得し看護ケアに生かそう
  9. 家族へのケアと介護指導を徹底しよう
  10. 看護計画を頻回に見直しリハ計画に反映しよう