W.M.S.による 七夕コンサートの開催


令和元年7月18日(木)の12:45より、1F交流ホールにて

7月恒例の当院職員W.M.S.による七夕コンサートを開催いたしました。

まず、1曲目は昨年も演奏されたピンクレディの「渚のシンドバッド」。

SONY DSC

2曲目は、2020年の応援ソングとなった米津玄師さん作曲の「パプリカ」。

3曲目は、W.M.S.アレンジの「八戸小唄」。

SONY DSC

 

 

 

4曲目は、森山良子さん作詞・BIGIN作曲による楽曲である「涙そうそう」。みなさんに知られている曲でしたので、会場にいらしている方も一緒に口ずさんでいる姿が見られました。

5曲目・6曲目は「歌謡界の女王」と認める存在となった美空ひばりさんの「真赤な太陽」・「川の流れのように」です。最後にアンコールをいただき「栄光の架け橋」を演奏し、大きな拍手で七夕コンサートは終了となりました。

SONY DSC

たくさんのご来場ありがとうございました。