糖尿病教室(31年度第2クール5回目) 「糖尿病の検査を知ろう!」を開催


令和2年1月22日に交流ホールで今年度最後の糖尿病教室が開催されました。今回は糖尿病と検査がテーマです。

 

最初に介護老人保健施設しもだ施設長 堺先生より2型糖尿病などの糖尿病種類や治療法の選択、合併症の発見についてのお話がありました。また、「糖尿病は、様々な合併症を引き起こすため、早期に検査し、早期に発見して治療をすることが大切。」とお話されていました。

DSC01444_R

引き続き 当院 検査科臨床検査技師 田島科長より糖尿病と糖尿病の検査について解説していただきました。内容としては、糖尿病の4種類の検査として、①早期発見のための検査(定期健康診断や人間ドックでの血糖検査)、②糖尿病診断のための検査(専門医による検査)、③糖尿病治療中の検査(血糖をコントロールするための検査や血糖自己測定)、④合併症診断のための検査(心電図やエコー、MRI検査)があるとお話していました。糖尿病は自覚症状がないため、検査での発見が重要であると説明しし、参加者の方も真剣に聞き入っていました。

DSC01448_R

今回で今年度の糖尿病教室が最後になりました。皆様の多くのご参加ありがとうございました。