平成30年度 第2回 消防避難訓練(夜間想定)の実施


9月21日(金)の13:10より平成30年度 第2回消防避難訓練を実施いたしました。

今回は夜間を実施し、放送・通報訓練・初期消火訓練・避難誘導訓練を行いました。

s_IMG_5042

参加職員は、夜間に2F南側デイルームより火災が発生したという想定で消火器や消火用散水栓での初期消火、非常放送、消防署への通報、避難誘導、患者様の担送や車いす患者様の避難誘導など実践さながらの訓練を行いました。

s_IMG_5043

総合訓練後は交流ホールに集まり、講評をいただきました。

八戸消防署 尻内分遣所様から

「概ね良かったと思う。入院患者様には自分で体を動かせない方もいらっしゃるので、十分注意して避難にあたってほしい。今年は地震等災害が続いているので、職場だけでなく、家庭でも万全の態勢を整えてほしい。」と講評をいただきました。

病院長から

「常に助け合いの精神でお互いに助け合ってほしい。今後も消防署の皆さんと訓練をしっかりと重ねて備えていきましょう。」と講評をいただきました。

s_IMG_5068

総合訓練後、散水栓を使用し実際に放水を行う消火訓練と、前回に引き続きトリアージ講習会を実施。災害時に実際に使うことを想定し、必要なトリアージの基本とトリアージタグの使い方を学びました。

s_IMG_5070

今後も職員一同、通院や入院されている患者様やご家族の安全を守るべく、常日頃から防火意識をもって職務に取り組んでいきたいと思います。