平成30年度 第1回 消防避難訓練の実施


5月25日(金)の13:00より平成30年度 第1回消防避難訓練を実施いたしました。

今回は総合訓練を実施し、放送・通報訓練・初期消火訓練・避難誘導訓練を行いました。

part1_R SONY DSC

参加した職員は、日中に5F北側デイルームより火災が発生したという想定で消化器や消火用散水栓での初期消火や、非常放送、消防署への通報、避難誘導、患者様の担送や車いす患者の避難誘導など実践さながらの訓練を行いました。

part5_R

 

part4_R

総合訓練後は交流ホールに集まり、講評していただきました。

八戸消防署 尻内分遣所様から

「前回に比べて避難誘導など、大きな声で指示を出せていたと思う。改善点は、火災発見時、初期消火失敗後は扉を閉めて延焼を防ぐこと。今後も引き続き各フロアできちんと防火意識を高めて取り組んでいただきたい。」と講評をいただきました。

part6_R

病院長からは、「お褒めと一緒にご指導の言葉をいただいた。これからも消防署の皆さんの指導のもと、訓練をしっかりと重ねて備えていきましょう」と講評していただきました。

part7_R

総合訓練の後、5階から2階へ救助袋使用の訓練、屋外での消火訓練を行いました。

part8_R

SONY DSC

今後も職員一同、通院や入院されている患者様やご家族の安全を守るべく、常日頃から防火意識をもって職務に取り組んでいきたいと思います。